岩城の履歴書 (3)自分の価値

【 岩城の履歴書 3 )自分の価値 】
 
 
18歳で入社して3ヶ月ほど経った頃、 

同期たちが成長しているのに

自分は置いていかれているような不安を持ち始めていました。


 
入社時に志した「同期140人の中で絶対に一番になってやる

という気持ちもちょっと折れかけていました。


 
元々勉強はできない、

飲み込みが早くもない、

鋭い視点を持っている訳でもない、

スキルやノウハウももちろん何もない。


 
じゃあ一体何をどうやって一番になるのか?

モヤモヤとしながら出した答えが『 挨拶掃除 』でした。
  


挨拶なら誰よりも大きい声で今日からできる。


掃除なら誰よりも朝早く出社すれば一番になれる。


能力の低い自分でもこれならできると思い

その二つを徹底してやることに決めました。


それらを続けていくうちにいつの間にか、

「あの岩城ってヤツは元気がいいな」

という風に顔を覚えてもらえ、

他店の先輩にも声をかけてもらえるようになっていきました。


しかし『元気』以外に何もない自分への不満も大きくなっていきました。


18歳のその頃にいつも考えていたのは

自分にしかできないことでなおかつ、価値の高いこと』とは何だろう、

ということでした。

 

ずっと考えて考えて、考え続けていました。

今思えばその思考の仕方は現在の仕事で大いに活用されており、

仕事をする上で最も重要なことのひとつなんだと思います。

 

『自分にしかできないこと。そして価値の高いこととは』

 

 


▶︎▶︎To Be Continued


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
 
YouTubeチャンネル
    
※毎週金曜日に投稿しています。
 
経営コンサルタント
株式会社ロジカルマネジメント 
代表取締役  岩城博之

最近の投稿

『折れない強いメンタル』を身に付けるステップ

『折れない強いメンタル』を身に付けるステップ

折れない強い心をつくり、やり抜くメンタルを身に付けるには何が必要なのか。そのステップをお伝えしております。この内容は『愛媛県』の研修でも採用されており、毎年講義しているものです。 部下育成や社内研修などでお役立てくださいませ。
岩城の履歴書(22)ピーター・F・ドラッカー

岩城の履歴書(22)ピーター・F・ドラッカー

「ピータードラッカーを読め」 2008年、32歳のリクルート勤務時代に上司からこう言われました。 「お前は小売業しか経験がないから経営者の気持ちを全然理解できていない。だから受注もできない。採用は経営で最も大切なことなんだ。採用のお手伝いを...
More