岩城の履歴書 (18)迷走の末

(写真は創業3年目42歳、高知県で講演後の懇親会にて)


イオンで約3年間勉強させてもらう内に、小売業だけではなくもっと違うフィールドで自分を磨きたいという願望が生まれてきたのが31歳の頃。
 
しかしどこでどういったスキルを磨き、どんなノウハウを身に付ければいいのかが分からない。そんなモヤモヤした気持ちが続いていました。
 
そんな状態だったので明確なビジョンも持てずにいました。
 
 
そんなある日、仕事から帰った僕に妻が一枚の求人広告を差し出してきました。
「こういったことをやってみたいんじゃないの?」
 
 
『リクルートでキャリアアップして独立を目指せ!』
そういった内容の求人広告でした。
 
 
リクルート?何やってる会社かよく知らなかったのですが、書かれている内容にすごく興味を持ちました。
インターネットでリクルートについて調べてみるとこのようなワードがたくさん出てきました。
 
 
『創業者精神』
『自分で考えて行動しろ』
『自ら機会を創り出せ』
 
 
これらの言葉を見たときに、「この会社面白そう!」と感じました。
さらに調べていくうちに自分の価値観に合っているなと感じ、動機付けされていきました。

まさに僕のやってみたいことが詰まった会社だなと感じリクルートに応募しました。
 
 
これはこの数年後に気づいたことですが、求人において最も重要なことは『その会社が大切にしている価値観を明確に打ち出すこと』だということです。
 
給与、休日数や福利厚生で『釣る』のではなく、価値観に共感・共鳴した人を採用する。
 
 
「うちの会社ではこういう考え方を最も大切にしていて、こんなタイプの人間だけが活躍できます。逆にこういうタイプの人は活躍できません。共感できるあなた、一緒にビジョンを実現しませんか。」
 
 
僕はまさにリクルートの価値観に共感し応募したのでした。

しかしその後、一次面接まで進みましたがそこで衝撃の体験をするのでした。
 

 

▶︎▶︎To Be Continued
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
 
YouTubeチャンネル
 
経営コンサルタント
株式会社ロジカルマネジメント 
代表取締役  岩城博之

 


最近の投稿

『折れない強いメンタル』を身に付けるステップ

『折れない強いメンタル』を身に付けるステップ

折れない強い心をつくり、やり抜くメンタルを身に付けるには何が必要なのか。そのステップをお伝えしております。この内容は『愛媛県』の研修でも採用されており、毎年講義しているものです。 部下育成や社内研修などでお役立てくださいませ。
岩城の履歴書(22)ピーター・F・ドラッカー

岩城の履歴書(22)ピーター・F・ドラッカー

「ピータードラッカーを読め」 2008年、32歳のリクルート勤務時代に上司からこう言われました。 「お前は小売業しか経験がないから経営者の気持ちを全然理解できていない。だから受注もできない。採用は経営で最も大切なことなんだ。採用のお手伝いを...
More